資格・認定取得に役立つ本

先輩に聞いた!保育士を取るのに一番役立った本はこれ!福祉教科書保育士出る!出る!一問一答2021年版

この記事では保育士を取った先輩に聞いた、資格・認定取得に一番役に立った書籍を紹介しています。

スポンサードリンク

保育士おすすめ本は?

福祉教科書保育士出る!出る!一問一答2021年版

福祉教科書保育士出る!出る!一問一答2021年版

保育士試験対策委員会
1,650円(07/07 04:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

先輩からのアドバイス

保育士出る出る!一問一答は保育士試験対策委員会が書作者で過去問とから洗練された問題が出る所ばかりで1127問もある。知識の漏れも無くす、八科目の現在は名称が少し変更になってはいるが、社会福祉、児童家庭福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育原理、教育原理、社会的養護、保育実習理論の出題傾向をすべて網羅しており、科目ごとに「出る!出る!要点チェックポイント」がある。これにより、覚えておくべきポイントが理解でき、合格へと近づくことができる。自分も試験と時はこれ一冊を持って試験に臨みました。試験試験の合間や昼休み中にも見ることができました。なぜかというと一問一答方式いうことで、隙間時間や短時間の学習にとても適しているからです。また、赤いシートもあり、大事な用語が消えるようになっています。このことにより、ただ単に○×だけの問題を解くのではなく、重要用語のインプットもすることができました。とても優れた参考書です。

※資格・認定に関する書籍を買うときは最新版を調べて購入しましょう。

-資格・認定取得に役立つ本

© 2022 書評ブログおすすめ速報