資格・認定取得に役立つ本

先輩に聞いた!理学療法士を取るのに一番役立った本はこれ!PT・OT基礎固めヒント式トレーニング基礎医学編(改訂第2版)

この記事では理学療法士を取った先輩に聞いた、資格・認定取得に一番役に立った書籍を紹介しています。

スポンサードリンク

理学療法士おすすめ本は?

先輩からのアドバイス

基礎医学の大切な部分をまとめており、大事な単語などは赤シートで隠せるようになっているので勉強しやすい。その章ごとにマルバツ問題も付いているので自分の知識の定着具合の確認にもなる。参考書というと文字ばかりで勉強する気になれないというイメージがあったが、この本は可愛らしい絵や分かりやすく簡単に書かれた図などを用いて説明してくれているので勉強をし始めた人にもとっつきやすい。勉強方法としては過去問題の本と併用していたが、この参考書には余白の部分が多いページもあるので、過去問題で間違えた部分やこの参考書に記載されていない部分の詳しい解説を書き込むことで自分だけのオリジナルの参考書が作れるのでおすすめ。試験当日はこの参考書を持って大切な部分のみを復習することで効率良く記憶を呼び起こすことができたので助かった。同じシリーズで臨床医学編の参考書もあるので一緒に使うとより深い知識を楽しみながら勉強することができる。

※資格・認定に関する書籍を買うときは最新版を調べて購入しましょう。

-資格・認定取得に役立つ本

© 2022 書評ブログおすすめ速報