話題のあの人の本

【2022年】原田泰が書いた本・書籍10冊まとめ

この記事では原田泰著の作品を10冊ピックアップしました。

※アマゾンのおすすめから自動収集しているため同姓同名の作者入る場合があります。アマゾンや楽天等のページでしっかり詳細を確認してください。

スポンサードリンク

原田泰が書いた本一覧

デフレと闘う-日銀審議委員、苦闘と試行錯誤の5年間 (単行本)

日本は「脱・成長論」に惑わされるな!

自壊するロシア経済と日本の未来 そして自由主義が勝つ(仮) (PHP新書)

コロナ政策の費用対効果 (ちくま新書)

震災復興 欺瞞の構図(新潮新書)

学ばなかった日本の成長戦略

ベーシック・インカム – 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

人口減少の経済学 少子高齢化がニッポンを救う!

若者を見殺しにする日本経済 (ちくま新書)

石橋湛山の経済政策思想—経済分析の帰結としての自由主義、民主主義、平和主義

→もっと「原田泰」に関する本を見たい方はコチラ

→その他の【話題のあの人の本】はコチラ

-話題のあの人の本
-

© 2022 書評ブログおすすめ速報